3か月で大人女子の「からだ」と「こころ」の力を引き出す

温活food講座

 

私のからだ 何でつらいの?どうしてきれいにならないの?

 

生理痛に、PMS(月経前症候群)、不妊、冷え性、

のぼせ、頭痛、肩こり

ダイエットしても痩せない

肌のトラブルが多い

良く眠れない

落ち込みやすい

やる気が出ない

など

多くの女性が悩みを抱えています。

悩みの表面に現れる症状は様々ですが

その原因となるものは

実は共通しています。

それは何かというと「冷え」です

「冷え」は体質だからと思っている方、

実は食生活が原因で冷えている人がとても多いのです。

「冷えは万病の元」と言われるように、

健康や、美容にも大きなリスクとなります。

また、食事は「栄養をとる」という観点でもとても大事ですが、

食事によって「心を豊かにする」という心理的側面もとても大きいです。


自分の体温は何度ですか? 「冷え」は女子の天敵!!自分のからだを見直そう

私たち日本人の平均体温は、

1957年の東京大学の調査結果によると10~50歳代の男女の平均で36.89度でした。

ところが現在では平熱が36.2~36.3度まで下がっており、

35度台の低体温に陥っている人も少なくありません。

では”子供の冷え性”という言葉まで聞こえてくる時代になってしまいました。

1度の体温低下で基礎代謝量は約12%落ち、

免疫力は30%以上低下することが分かっています。

■身体が冷えると・・・
血管が収縮 → 血行が悪くなる → 代謝が落ちる → 排泄能力が下がる → 老廃物がたまる → 体調不良 → 病気の原因に!

 

体温35度ではがん細胞がもっとも増殖すると言われています。

実は健康な人でもがん細胞は毎日5000個もできているそうです。

血行不良で白血球の働きが鈍い状態では免疫システムが正常に働かず、

やがて発病してしまう恐れがあります。

逆に、冷え症を治すことで免疫力を上げることができます。
免疫力とは、体内に侵入する病原体などの外敵と戦い、

身体の機能を維持しようとする自然治癒力です。

私も昔はずっと冷え性で

いろいろな症状に悩まされつらい時がありました。

4人の女の子を育てながら

生活していく中で簡単に楽に変わるルールを見つけました。

 楽しく、楽に 「からだ」も「こころ」もポカポカ 温活生活

 

からだが楽に変われるには5つのルール

ルールを知ると楽しい事たくさん。

 

・血行が良くなって肌がきれいに。

・内臓温度を上げて基礎代謝アップ。

・痩せ体質に。

・子宮が温まり子宝力アップ。

・生理痛改善

・やりたいことがどんどんできる。

・体温が上がると免疫力アップ。

・病気になりずらい。

美人度アップの

からだ温め温活プログラム始まります。

まずは温活foodとは メルマガにご登録ください。

 

 

ピックアップ記事

  1. お魚を食べるときの注意点 秋の土鍋ごはん講座終了しました。…
  2. 栃木県温活料理教室 青木恵美子です。 今回は 小学校…
  3. 緑茶、紅茶、ほうじ茶、三年番茶、のどがイガイガする時、からだ…